希求を叶える美容液|白く美しい肌になる方法暴露しちゃうぞ

レディー

予防法と有効なスキンケア

鏡を見る女性

ニキビができる原因

ニキビ跡の赤みを予防するには、まずニキビができるプロセスについて知っておく必要があります。加齢やストレスなどが原因で代謝が滞ると、毛穴の出口付近に角質が溜まります。そうすると毛穴の中に皮脂が溜まってしまいます。そして皮脂がどんどんたまって膨らんでくると白ニキビになります。さらに白ニキビと角質が混ざり合い、空気に触れて酸化してできるのが黒ニキビです。白ニキビや黒ニキビはまだ初期の状態です。しかし、皮脂を栄養にしてアクネ菌が繁殖すると、炎症して赤ニキビになります。炎症を起こしてしまうと、ニキビ跡が赤みになって残るリスクが高くなります。ニキビ跡を予防するためには、ニキビができないように角質ケアをすることや、肌を清潔に保つことが大切です。

ピーリングで改善できる

ニキビ跡の赤みを消すには、ピーリングが効果があります。市販のピーリング剤には、使いやすい順にピーリング石鹸、ピーリングジェル、ピーリングローションがあります。ピーリング石鹸は顔を洗うときに洗顔料代わりに使用します。ピーリングジェルはジェル状になっていて、肌をこすったあとに洗い流すタイプです。ピーリングローションはふき取りタイプの化粧水です。コットンにローションをしみ込ませて肌に乗せ、30秒ぐらいパックすると効き目が増します。ピーリング剤は肌を剥がす働きがある成分です。ピーリングをすると余分な角質が剥がれるので、ニキビの予防ができます。また、代謝が早まるので、ニキビ跡の赤みを薄くする働きもあります。